フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

撮影へ出かけるときに欠かせない機材やアイテムたち。その人の個性が出るからこそ、他のフォトグラファーがどんなものを持ち歩いて撮影に出かけているのか気になる人も多いはず。そこで、ここでしか見られないNICO STOP参加フォトグラファーの鞄の中身を、特別に公開しちゃいます!

前回のフィルムカメラユーザーnanoさん(@nanono1282)に続いて、今回はデジタルカメラユーザー酒井貴弘さん(@sakaitakahiro_)の鞄の中身。酒井さんの写真は、どんなアイテムたちが支えているのでしょうか?

 

酒井貴弘さん

酒井貴弘さん

  • メイン機材:デジタルカメラ
  • 作風:透明感のある、ストーリーを感じるポートレート

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル
フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

 

 

鞄の中身大公開!

こんにちは、フォトグラファーの酒井貴弘です。僕の鞄の中に魅力的なものが入っているかはわかりませんが、街でポートレート撮影をするときの持ち物を紹介したいと思います。

 

街でポートレート撮影をする日の持ち物

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

  • リュック
  • カメラ+レンズ
  • フィルター類
  • お手入れ道具
  • 折り畳み椅子
  • 使い捨てカイロ
  • 携帯用レフ板
  • その他(ノートやモバイルバッテリーなど)

 

Point

街を歩きながらの撮影では機動力重視ですが、作品として作りこんだ撮影の場合でも基本的な装備はほとんど変わりません。室内で照明が必要であればストロボを持っていったり、ドライフラワーなどの小物を持っていく場合もあります。

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル


また、作品性の高い撮影のときには、ノートにイメージのラフを描いたりもします。当日撮り忘れないように、メモとして。こうしたイメージは、雑誌などから着想を得たものもありますし、挑戦したいカットなどをメモしたものもあります。

 

 

タフで収納力のあるリュックが相棒!

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

1年半前から使っているColeman(コールマン)のリュック。

 

撮影では昔からリュックを使っていて、愛用しているのはコールマンの「シールド」というリュックです。大きいサイズのものが欲しかったときに、友達からプレゼントとしてもらいました! アウトドア向けなので丈夫で防水性があって、外で思い切り撮影ができます。サイドにはペットボトルも入れられて、オールシーズン頼りになりますよ。

なかでも気に入っているのが収納力です。小物などを入れるスペースがわかれていて重宝しています。さらにカメラポーチや収納ケースなどで、小わけしていくのが僕のスタイルです。カメラ機材以外も入れられるので普段使いにも。いろんなものを一緒に持ち運べるので「隙間時間を使って午前中撮影、午後は別の予定」というスケジュールも立てやすくて、フットワーク軽く活動しやすいんです。

 

撮影シチュエーションに合わせた機材選び

カメラ1台+レンズ2~3本

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

Z 6とレンズは50mm、35mm、85mmの3本。カメラとレンズ2本(うち1本はカメラに取り付け)はカメラポーチに収納しています。

 

カメラは、Z 6が最近のお気に入り。シャッターのフィーリングがよくて、「今この瞬間」という自分の間とぴったり合うのでテンポよくさくさく撮れて、街撮りにも最適です。また、液晶モニターがすごくきれいで、撮った写真をモニターで見るたびにテンションが上がって、撮影にプラスに働きますよ。

持っていくレンズは2、3本です。基本は50mmを使っていて、広く撮りたいときや距離感を変えたいときに35mmにする、という使いわけをしています。85mmを持っていくときは、50mmよりクローズアップしたいときで、作品撮りのときが多いです。

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル
フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

左が50mm、右が35mmで撮影した写真(「キミと彩るポートレート」より)。街ではまわりの環境も生かしたいので、50mmか35mmが多いです。

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

85mmで撮影した写真。85mmを使うのは、作品性の高い撮影でアップが必要なときです。

 

Point

僕が単焦点レンズを使う理由は、距離感を測りやすいから。画角を変えるときに、ズームレンズでは手元での焦点距離調整も意識しないといけないのですが、単焦点では自分で動いて距離を変えられるのでモデルさんとの距離感に意識を集中できるんです。

 

 

ストラップは、首かけも手巻きもできるネックタイプ

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

 

このカメラストラップも、プレゼントでもらったものです。実はオレンジ色が好きな色なのですが、ブラックもシックにまとまるので気に入っています! ネックストラップは手に巻くこともできて、応用がきいていいですよね。

 

 

お手入れ道具には、好きなカラーを

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

 

クリーニングクロスとブロアーを携帯していて、合間合間で機材の手入れをしています。家でじっくり手入れする場合も基本は一緒です。ブロアーはオレンジ色なんですが、好きな色だと使っていて楽しくなると思います!

 

あると便利!コミュニケーションや表現を広げるアイテム

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

  1. 折り畳み椅子
  2. 使い捨てカイロ
  3. 薄い布
  4. ソフトフィルター
  5. 携帯用レフ板

 

1.折り畳み椅子で、身長差をカバー

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

ヴィレッジヴァンガードで購入した折り畳み椅子。好きなオレンジ色をセレクトしました。

 

僕は背が低いので、背の高いモデルさんだと見上げる状態になってしまうことが多くて苦労することも多々あります(笑) そんなとき、折り畳み椅子を持参します。スマイルモチーフの椅子を取り出すと初対面のモデルさんでも和んでくれるので、コミュニケーションのきっかけづくりにもなるんです!

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

使う場合は公園など周囲の迷惑にならない場所を選ぶなど、注意が必要です。自分がポージングをしてみたり、モデルさんの自然な笑顔を引き出すアイテムとしても使えます!

 

 

2.カイロや汗対策アイテムで、少しでも快適な撮影になるように

寒い日に撮影する場合は、モデルさんに渡せるように使い捨てカイロを必ず持っていきます。夏であれば、外の撮影はとにかく暑いので、汗拭きシートや制汗スプレーを用意します。ポートレート撮影は相手がいてはじめて成り立つので、こういった備えも大切です。

 

 

3.動きを出すための布を、街中では手持ちフィルターとして

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

キミと彩るポートレート」で布を使った写真。

 

布は、なるべく動きの出やすい薄いもので、作品イメージに合った質感や作品に入れたい色を選んでいます。家には4、5種類ありますね。「ユザワヤ」という種類が豊富なお店が行きつけで、切り売りしてもらえるので買いやすいんです!

モデルさんに布を持ってもらうのは河原などの自然ロケーションが多いんですが、街中では手持ちフィルターとして活用できます。

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

布を持ってカメラの前に構えます。フィルターとして使う布は、レースなどなるべく薄い素材がオススメです。

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

布をフィルターとして使った写真。

 

もちろん、モデルさんのイメージや服装によって布フィルターの演出が合う/合わないはあります。元気でカジュアルなイメージではマッチしない場合もありますが、クールな表情ややわらかい雰囲気の場合には布フィルターの効果が生きてきます。

 

 

4.ソフトフィルターで、淡い世界観を

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

最近購入した「ブラックミスト No.1」(ケンコー)。

 

コントラストを低くするソフトフィルターを、仕事の広告撮影で必要になって購入しました。コントラストをつけながら、クリアな「透明感のある写真」がこれまでの僕の作品イメージなのかなと思うんですが、ソフトフィルターで淡い世界観など表現の幅を広げていきたいと思っています。まだ自分の作品撮りでは使っていないので、これからのお楽しみです!

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

広告撮影でソフトフィルターを使う前に、試し撮りしてみた写真。今までの自分の写真とはまた違って新鮮でした。

 

 

5.携帯用レフ板で、顔の明るさを確保

携帯用レフ板は街中では周囲の迷惑になるので使いませんが、河原やスタジオなど一つの場所に留まって撮影するときに持っていきます。

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

レフ板は現地の光の状況によって使います。一人の場合は自分で持ちながら撮影します。

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

逆光気味な状況で、レフ板を使って顔の明るさを確保しています。

 

こちらの動画にレフ板を使った撮影の様子を載せています!

 

Point

このときは複数人チームでの撮影だったので、SnapBridgeで写真を転送してAirDropでみんなと共有して撮れ具合を確認しました。それぞれがスマホでしっかり確認できて、盛り上がりながら撮影を進めることができました。

モデルさんと1対1の場合には、その場で撮影した写真をカメラの液晶モニターでモデルさんに見てもらうことが多いです。よく撮れていたら、お互いテンションが上がって撮影しやすくなりますからね!

このときに撮影した写真はスペシャルコンテンツ「NIKKOR Z」「NIKKOR Z 85mmf/1.8 S×酒井 貴弘」に掲載しています。

 

撮影に出かける前に、スマホと本からイメージ収集

Pinterestで、シチュエーション別にリサーチ

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

 

撮影シチュエーションに合ったイメージを探すときは、「Pinterest」を使っています。街でのファッションスナップだったり、海のポートレートだったり、「ボード」というフォルダを作ってそこに集めていくんです。具体的な検索ワードがあれば絞りやすくて、撮影イメージに合いそうなモデルさんや女優さんの名前で検索すると、近いイメージにたどり着きやすくなりますよ。

 

 

写真集や女性ファッション誌で、世界観のインプットを増やす

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

最近よく参考にしている写真集『ファーストアルバム』(川島小鳥、スペースシャワーネットワーク)。

 

家では撮影イメージを膨らませるために、写真集や女性ファッション誌をよく見ています。

下の写真は、撮る前に川島小鳥さんの『ファーストアルバム』を見ていて、完全に真似するわけではなく、空気感や雰囲気をインプットとして自分の中に取り入れて撮影しました。僕の写真は布を使ったポートレートなど作品撮りのイメージが強いかもしれませんが、街撮りのときには遊びを入れたテイストだったり、レトロな雰囲気も好きですね。

 

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル
フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

街中ではアクセントになるオレンジや赤の色を入れることが多いです。このときはモデルさんがSNSに投稿していた服装がかわいくて、それを着てもらって撮影をお願いしました。

 

他には雑誌でイメージを収集することが多くて、『CYAN』や『FUDGE』の雰囲気が好みです。雑誌の気になる写真をスマホで撮って見られるようにしたり、雑誌自体を持っていくこともあります。参考になりそうな雑誌は、バックナンバーを中古で集めたりもしていますよ。ちなみに、うちの奥さんは雑誌をまったく読まないので、僕だけがひたすら女性ファッション誌を読み漁っています(笑)

 

 

Photographer's Voice

フォトグラファーの鞄の中身 – 酒井貴弘さんの街中ポートレートの撮影スタイル

 

今回は街中でのポートレート撮影の持ち物を紹介しましたが、「どういう写真を撮ろうとしているのか」という撮影意図が持ち物に影響してくると思います。

街撮りなど動きながらの撮影ではなるべく軽量にして、その上でモデルさんとのコミュニケーションや、負担なく撮影できることを重視したサポートアイテムを持ち物に加えていきます。物がごちゃごちゃするのが嫌なので、小わけのポーチを用意したり、小物入れスペースのあるアイテムを選んだり。性格も出るので、人の持ち物を見るのっておもしろいかもしれませんね!

ちなみに僕が今狙っているアイテムはカメラバッグです。カメラやレンズが複数台、ストロボなどがすべて入る、仕事用として使い勝手がいいしっかりしたもの。ネットでリサーチ中です!

 

+ + +

さて、次は誰の鞄の中身を拝見しましょう? 次回もぜひお楽しみに!!

 

 

撮影:ユウスケ(@syrup93g
Model:井村美咲(ぞい) (@borzoi.m)、MiYaBi(@myb__611)、ayano(@ayano_4stone)、aika(@ai.chan_)、せー(@ __ks_se_)、yukino(@yk_____.jp)、モモ(@nekura_ganbaro
Supported by L&MARK

hiro

酒井貴弘

関東を拠点にしながら活動するフォトグラファー。ポートレートを中心に作品を発表し、Instagramのフォロワー数は約2年間で5万人(2019年6月現在)を超える。写真教室やオリジナルプリセットも手掛けるなど幅広く活動中。