tomosaki

“主観”と“客観”の使い分けを意識しよう!日常を青春映画のワンシーンのように残す5つのポイント

日常を青春映画のように撮る5つのポイントを紹介します。重要なのは主観と客観を使い分けてシーンを立体的に見せること。友達との日々をドラマチックに残すコツが満載です!